各通貨のスプレッドはFXで取引をする上で最重要項目といえます。

予想通りに為替が動いたとしても、スプレッドの水準によっては儲けが少なくなってしまいます。

特にレバレッジをかけている場合は特に、僅かなスプレッドの差が大きな違いになってきます。

スプレッドの条件がなるべく良い業者で取引を行う事もFX取引では気をつけたい所です。

業界最小水準の魅力的なスプレッド

GMOクリック証券の通貨スプレッドはFX業界の中でも最小クラスです。

米ドル円レートは0.8銭、その他主要通貨でも、ユーロ円レートは1.6銭、ポンド円レート2.8銭、豪ドル円レートは2.0銭の驚きのレートです。(上記は記事執筆時のレートであり、相場急変時等には変動する場合があります。)

これだけスプレッドが低い水準であれば、少しの値動きでもスプレッドを気にせず数多くの取引を行うことができます。

逆にスプレッドが多い業者を使っている場合は、ついついスプレッドを気にして取引自体を躊躇してしまうこともあるので、心理的な効果を考えてもスプレッドは一番最初に考えておきたいポイントです。

安定している通貨スプレッド

スプレッドで重要なのは範囲も当然ですが、安定性も大事です。

スプレッドの範囲が狭くても、それが時々しかないのでは計算に入れることができません。

つまり、どれだけスプレッドが低く、更にその水準がどれだけ維持されているかという事それがFXで取引を行う際には重要になります。

GMOクリック証券は通貨スプレッドの安定性も業界最高水準です。

米ドル円の為替スプレッド固定率は99.8%という驚異的な数字です。

スプレッドの低さだけでなく、安定性も最高水準のGMOクリック証券は正に最強です。

どういった時にスプレッドが開くのか

99.8%という事は残りの0.2%はどういう時に開くのでしょうか。

小数点の値で結果が変わるFX取引ではやはりこうした細かい所も気になる所です。

過去の実績を検証してみますと、スプレッドが開くのは米国の市場などで流動性が下がってくる日本時間の早い時間帯(午前5時から午後7時位)なので市場に流動性が十分にある時間帯に取引をする際には気にすることでないでしょう。

為替スプレッドで最も重要な要素「スプレッドの範囲」と「スプレッドの安定性」この2つの要素で業界最高水準のGMOクリック証券はFX取引を行う時に非常に心強いパートナーになるのではないでしょうか。

クリック証券の口座開設はこちらから
申し込みボタン