過去に新聞などで、FX業者が破綻し、預けていた証拠金が戻らないという報道があった事を覚えている方も多くいらっしゃると思います。

FX業者は基本的には顧客の資産と自社の資産を分別管理することが求められていますがやはり大事な資産をあずける際には、少しでも安心して預けられる仕組みを持っている会社を選びたくなるのは投資家として当然の心理です。

資産を増やす前に、全資産が取引会社の破綻でなくなってしまっては目も当てられません

資産を預ける際の判断基準

GMOクリック証券はインターネットに詳しい方ならご存知のGMOグループの関連会社です。

そのため、名前だけで判断するならば新興の名前も知らないようなFX会社よりは安心できるけど歴史のある証券会社や金融グループの会社に比べて信用度はどうなんだろうと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

当然、使っているFX会社が破綻するかしないかという判断をする時にはその会社の資本金やバックグラウンドなどは重要な要素となりますが、破綻時の自身の資産について考える場合はそれ以上に、どのような形で証拠金を管理しているのかという点がポイントとなります。

GMOクリック証券は三井住友銀行に100%信託保全

GMOクリック証券は外国為替証拠金を三井住友銀行に100%信託保全しています。

つまり、万が一(あくまで仮定の話です。)GMOクリック証券が破綻した場合でも預けていた証拠金は三井住友銀行に信託されていますので、GMOクリック証券の破綻とは関係なく、外部の弁護士を通して資産が返還されます。

銀行よりも安心?返還される資産の制限について

日本振興銀行の破綻時にまた話題になりました「ペイオフ」。

銀行の普通預金口座の場合、1,000万円までは返還が保証されていますがそれより上の金額は、破綻時の銀行の資産状況などにより返還されるため全額返還される保証がありません。

しかし、GMOクリック証券が行っている三井住友銀行への信託保全はこのような制限がないので万が一破綻した場合でも破綻時の状況に関わらず全額返還されます。つまり、考え方によっては「銀行預金よりも安心」といえます。

FX取引を行う際には、為替の状況や取引に全力で集中したいですよね。破綻時のリスクまで考えるのは面倒というあなたは三井住友銀行へ信託保全を行っているGMOクリック証券がおすすめです。

クリック証券の口座開設はこちらから
申し込みボタン