低コスト、低スプレッドのGMOクリック証券

FXデイトレードをする人にとっては、少しでもコストを抑えたいことでしょう。

GMOクリック証券はもちろん取引手数料、口座開設費用、口座維持手数料がすべて無料です。

提携した金融機関からでしたら、即時入金も無料になります。

出金手数料も無料です。

手数料類は無料なので問題ないですね。というよりも、今や取引手数料無料は当り前になっているので、他のFX業者と変わらない気がします。

差が出てくるのはスプレッドです。

他にも狭いスプレッドを売りにしているところはありますが、GMOクリック証券はスプレッドが固定されていて、開きにくいという利点があります。

デイトレードだけではない、スワップ狙いで長期投資

素早い注文、操作性、低スプレッドでデイトレードには最適との意見もありますが、決して長期トレードに向いていないわけでもありません。

スワップポイントも業界内では高水準です。

例えば日によっても変わりますが、オーストラリアドルを1万通貨買いポジションで持つとすると、1日100円前後のスワップポイントが付きます。

また、取引期限もないので、その点でも長期トレードにも向いていると言えます。

実際このスワップポイントを目的に投資を行う人もいて、これをスワップ投資ともいいます。

GMOクリック証券のFX取引は、スワップポイントを毎日受け取ることができます。

スワップカレンダーで過去のスワップポイント一覧を見ることができるので、スワップ投資の参考にすることもできます。

ロスカット手数料がかかるので注意

スワップ投資で気を付けて欲しいのは、為替変動リスクです。

高レバレッジで運用していると、あっという間にロスカットに会う羽目になります。

そのため、長期運用・スワップポイント狙いならレバレッジ1倍から2倍という低レバレッジで運用する方が安心です。

GMOクリック証券のロスカットルールですが、証拠金維持率50%未満が対象となっています。

自動ロスカットされてしまうと、1万通貨当り500円のロスカット手数料がかかってしまいます。

他の手数料は無料ですが、ロスカットのときだけ手数料がかかってしまうのです。

なるべくロスカットは避けたい事態ですが、GMOクリック証券では証拠金維持率が100%を下回った時点で、アラートメールが送信されます。

これはロスカットに近付いていますよ、というお知らせメールで、設定は自由にできます。

ロスカットシュミレーションもできますので、実際どのぐらいのレバレッジでどのぐらい為替に変動があればロスカットになるのか、確認してから取引すると良いでしょう。

クリック証券の口座開設はこちらから
申し込みボタン